新興閑散飲食街の中心地、迷った時はすかんぽへ

お店外観「楽笑酒場すかんぽ」小樽駅から徒歩5分、小樽運河から徒歩6分のところに位置する、地元で人気の居酒屋です。
小樽駅目の前の「中央通」を小樽運河方面へ、「小樽グリーンホテル」さんのある交差点を左折して「大通」へ入ると程なく右手に見えるド派手な外観が目印です。
チェーン居酒屋にはあまり無い独創的なメニューと美味しいお酒をご用意して、皆様のお越しをお待ちしています。

  • 住所:北海道小樽市稲穂3-13-9
  • TEL・FAX:(0134)24-0838
  • 営業時間:17:30〜(フードラストオーダーは23:30です)
  • 定休日:日曜日(日、月連休のときは月曜日がお休み)
  • 駐車場はありません。
  • すかんぽでは、お通し・サービス料等はございません。消費税は内税です。

MAP

適当に拡大縮小してご覧ください。

すかんぽについて

 「すかんぽ」という店名は、本名を「酸葉(スイバ)」という植物の愛称「すかんぽ」からいただきました。
 沖縄を除く全国で自制しており、草丈80cm程で初夏に赤い小花をつけ、若い茎葉は食用となり、根を薬用として用いる事もあります。名前の通り酸味があり、昔々の子供たちはオヤツがわりにしゃぶっていたそうです。
 同じタデ科のイタドリ(ドンガイ)とよく混同されますが、だいぶん小ぶりです。いずれにしてもこれといって華やかさはなく、雑草といってもいいほどです。ただ愛嬌のある雑草です。
 雑草といえば、草魂。by鈴木啓示。知らない。
 花言葉は、愛情。すこし愛して、なが〜く愛して。by大原麗子。知らない。
 1月17日の誕生花。すかんぽは1995年(平成7年)6月17日生まれ。
 私は、11月8日生まれ。あ〜なたの〜過去など知り〜たくないの〜by菅原洋一。もちろん、知らない。

 すかんぽでは、食材の80%以上国産を使用しています。残念ながら国産だからといって(高いくせに)安心安全というほど、のんきな時代ではありません。また、エコだ、スローフードだ、大仰なことを言うつもりもありません。ただ、これはフツーだと思うのです。
 飲み物は、お客様の声を私のウンジュウ年の飲食経験から厳選いたしました。
 メニューには私の嗜好が赤裸々でちょっと恥ずかしくもあります。未だ、試行錯誤の日々で、お客様には満足頂けない点も多々あるかと思います。願わくば、愛のムチを一振り賜れば幸いです。(くれぐれも愛の・・・です。それも一振りです。打たれ弱いんで・・・)

 只今すかんぽでは、メールアドレスのご登録をお願いしています。ご登録の方には、新メニューの紹介、イベント(ライブ、レクリエーション等)、特典(指定ドリンク・フード半額サービス)などの情報を配信します。
 ご登録は右サイドバー下部のフォーム、もしくは、こちらのページからお願いします。