教えなーい

ニュースがつまらない。どれも総裁選ばかり。想定問答を繰り返し聞かされては辟易する。お行儀のいい記者しか入場できないのかね。

本が届いて、ビックリ。千ページ以上ある。昔の電話帳より厚い。と言っても、伝わらないだろうな。読み切れるのか。本来は町の本屋さんで買うべきなんだろうけど、偏屈の読む本は売ってないから、衝動買いにならないんだよなぁ。

裏の小路にて、七輪でサンマを焼いて食べた。今年も少し小ぶりだけど、うまかったー!

決して、暇を持て余してるのではない!
本当は、色々と心中穏やかではないのだ!

恐ろしや

東京にいる娘にお勧めの本を送ってほしいと言われ・・・
24のアホな娘に何を送ったものやらと思案しながら、車庫(書庫じゃない)の段ボール箱をゴソゴソ。はぁ、乱読極まりない。節操がない。読んでない本までしまい込んでる。この本、結構高かったのに。情けない。本棚に戻そう。あれ、この本、くそつまらなかったのに、捨ててない。おおー!フィネガンズ・ウェイク。柳瀬尚樹訳。ハードカバー上下巻初版本。喜び勇んで購入したくせに、10ぺージも読めなかった。
危ない。溺れるところだった。もがき苦しみながらも、数冊を抱えて脱出。とこらがだ。何かこうめらめらもやもやむらむらが収まらぬままにパソコンに向かってしまい、はっと気が付くと、6千円も本を買ってしまっていた。