もてあまされる

久し振りにJRで札幌へ
快速エアポートは、残念ながら横向き椅子。
うつむく人たちを、ぽけらんと眺めながら・・・そうそう、昔は人間観察もばれないように慎重にしたものだけど、いまどきはジーと見ていても皆さん携帯に夢中で気が付くどころじゃない。そうなればなったで、こちらもつまらないから、ほかのことに気が行く。どこに行ったかといえば、ちょっと戻って、券売機。いずれ、公衆電話よろしく、どっかのすみにポツンと一台、追いやられるんだろうなぁ。要領を得ない何人かが常に並んで、ああでもないこうでもない。その列の後ろでイライラするオイラが目に見えるようだ。そうこうしているうちに、自動改札機もなくなる。途方に暮れる。まぁ、それもつかの間、ほどなくJR北海道がなくなる。

キャンディーズ

昨日今日と午前中は冬、午後は春の日差し。しみったれが春をだししぶってやがら。やだねぇ、まったくどうも。  最近、落語ばかり聞いてるから、どうも調子がそれっぽくなっちまう。

春を一番待ち遠しく感じるのがこの時季かもしれませんね。

試験紙にまっつぁお

ご意見番の方々の催促もあり、また思い当たる節がないでもないので、10年ぶりかで健診なるものに行った。過去に何度か行ったこともあったが、毎度何も出ないので馬鹿らしくなって?行かなくなった。この度は、年も年だし、方々もうるさいので・・・
検査というものは、してしまうと気になるもので、即入院と言われたらどうしよう、がんだったら、余命を限られたら、家族は、店は、数々の心配をかけてきたけど親より先に逝く親不孝だけはしたくない、と常々思ってきたのに、あぁ保険金もっとかけときゃぁよかった。うろたえた。さらに検査通知が来ない。受け取りに行くんだったか?問い合わせてみるか、いや、きっと動揺を見透かされる。悔しい。ここが我慢のしどころだー。この間、方々の問いには、あーそのうちくんじゃね、忘れてたかを装う。
来ました。昨日。待つこと10日。封書なぞ、いつもはビリビリとやぶいてあけるところをハサミなんぞ持ち出して、封書を縦にトントン、蛍光灯にかざしてから、上の2ミリほどを丁寧に切り取って・・・
まっ、わかってはいましたけど、A評価です。つまり、結構最高健康。無罪放免。よっ!孝行息子!
何か違うことを、検査された(試されれた)ような気がするけど、結果オーライで、昨日は、おいしいお酒が飲めました。