お次は六腑か

落語には、夢を題材にした話が少なくない。そして、その枕によく使われるのが、夢は五臓の疲れなんぞと申しまして・・・
普段の俺の夢は、目的地に永遠にたどり着けない。迷路というよりは無限ループに近い。伝票は何度計算しても、うまくいかない。お客さんはイライラしてるし、オーダーもたまってゆく。伝票がゆがむ。途方に暮れる。   目が覚める。
ところがちょっと変わってきた。風景も登場人物も傾向が変わり、昨日なんぞは、見晴らしのいい森(ちょっと変)を通って、小さいワニ(やっぱ変か)とかいたけど大人しい。目的地にすんなりどころか、近道かっていうぐらい。五臓よ、いいよいいよ。今日もいい夢見るぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です