ごじゆうに

もし、嫌なものには嫌と言い続けることができたなら、いったいどんな人生だったろう。あるいは、やりたいことだけやっていたら・・・

秋の寒空に夢想する五十二歳。

投稿者について

すかきん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です