お次は六腑か

落語には、夢を題材にした話が少なくない。そして、その枕によく使われるのが、夢は五臓の疲れなんぞと申しまして・・・
普段の俺の夢は、目的地に永遠にたどり着けない。迷路というよりは無限ループに近い。伝票は何度計算しても、うまくいかない。お客さんはイライラしてるし、オーダーもたまってゆく。伝票がゆがむ。途方に暮れる。   目が覚める。
ところがちょっと変わってきた。風景も登場人物も傾向が変わり、昨日なんぞは、見晴らしのいい森(ちょっと変)を通って、小さいワニ(やっぱ変か)とかいたけど大人しい。目的地にすんなりどころか、近道かっていうぐらい。五臓よ、いいよいいよ。今日もいい夢見るぜ。

向き合う

断酒して3日。身体が毒を欲しがっている。試作のつまみをだらだら食べてばかりいるからかなぁ。コーヒーを入れても、ごくごく飲んでしまう。足りない。オレ、リスクやストレスがないと生きていけない。もしかして、リスクやストレスにさらされ過ぎて、中毒になってるのかも。聞け!常連。
さらに、この度はっきりしたことは、オレは時間の使い方が致命的に下手だ。具体例は省くが、気が付くと夜中になってる。一日を振り返っても、何の手ごたえもない。あと2週間、どうすんだ。オレーオレオレオレー

願い

パラリと歩いてみた。飲食店は昼間から軒並み営業自粛だ。何かと口うるさい個人店も数多いのに。異様に静かだ。知事の言う法的なんちゃらを問う声も一切聞かない。台風の目に入ったようだ。といっても、こっちの人には伝わりにくいか。
これだけ多くのお店が一斉に休むということの意味を市長にはよく考えてほしい。これは単に、同調圧力とか自粛警察などという低レベルの話じゃない。
それは、カネだ! えーーーーーーーーーーーーーーーーー!

破壊から始まる?

向かいの建物の解体がいよいよ始まった。まずは越後谷家具さんからか。そして、そのとなりの倉庫につかわれていた建物、クルーズあとと続くのだろう。色々噂はとんでいるが、実際のところ何ができることやら。
ここに住まってもうすぐ26年。この辺も随分変わったなぁ。と、年寄りくさいことに思いふけっているのは、やっぱ、暇なんだろうね。ここ2,3日はやることもあるが・・・いやいや、こんな機会はもうないだろうから、しっかり勉強します。休み明けに新メニューがなかったら、大いに笑ってください。と、自分の尻を叩いてみる。

やる。

朝刊を見てビックリ!今日までやってよかったの。なんだかなぁ。
食材は、自分で毎日食べれば無駄にはならないかなぁと思っていた。が、封を切ったばかりの生ビールの処理は、正直困っていた。
今日営業します。生ビール、タダで。樽が空になったら、残念でした。12ℓぐらいはあるはず。有料で他のを飲んでください。フィルはラッキーだなぁ。食材の仕入れは、最小限なので、売切れ御免。では、ご遠慮なく。晩にお会いしましょう。